日本語学校を視察(岡山市)

公明党の谷合正明参院議員(党留学・就学生問題に関するプロジェクトチーム事務局長)は14日、岡山市の日本語学校「岡山外語学院」を訪れ、授業参観や学生寮への訪問を行うとともに就学生や関係者と懇談した。これには、党岡山県本部の増川英一県議と磯野昌郎岡山市議が同行した。 大学進学などを目的に来日した外国人の日本語能力を養成する同校で、現在は10カ国の就学生252人が学んでいる。昨年(2003年)度は184人の卒業生のうち171人が大学、専門学校などに進学した。 片山浩子学院長は「親身に世話をした学生は道を外れない、日本と母国の架け橋として活躍している卒業生も多い」と、生活・進学指導に力を入れていると述べた。また、少子高齢化が進む日本で、外国人労働力を受け入れる“協働”を見据えた政策確立が必要として、語学教育だけでなく、習慣やマナー教育の充実も大切との考えを示した。 また、谷合氏は就学生と懇談し、奨学金の配分の方法や在留資格の「就学」から「留学」への切り換え、日本での生活などについて、活発に意見を交わした。(2月15日付 公明新聞より)

平成17年度予算要望、知事折衝を行いました。

平成17年度予算要望書 平成17年2月4日 公明党岡山県議団 私学助成の更なる充実 行財政改革の更なる推進 外郭団体ならびに天下りの見直し 補助金、負担金、寄付金の見直し 随意契約の見直し 水島コンビナートの安全対策の強化 少子化対策の更なる推進 乳幼児医療費などの公費負担制度の拡充 学童保育事業の拡充 特別養護老人ホーム等の施設整備の拡充 中小零細企業、新規開業者への金融等総合的支援対策の充実 雇用対策の強化 緊急地域雇用創出特別事業費の有効活用 高校卒業生など若年者雇用の促進 子供用、交通安全体験車の設置 太陽光発電施設の個人住宅向けの補助制度の創設 文化・芸術振興策の拡充 文化芸術大学生の留学制度の創設 文化・芸術振興条例の創設 郷土文化・芸術の振興 郷漆器の保存、継承 下津井節の保存継承 木下利玄の生家の保存 養護学校の整備と充実 養護学校の早期改修 受入対象児童の拡大 少人数学級の拡充 学校の耐震診断と老朽化対策の促進 台風16号災害に伴う高潮対策事業の促進 高梁川橋梁の新設 中高一貫教育校の倉敷設置について

増川英一 オフィシャルサイト

© 2020

メール