脳脊髄液減少症の研究推進等を求める意見書が採択されました!

脳脊髄液減少症の研究推進等を求める意見書が採択されました! 2006年2月16日「NPO鞭打ち症患者支援協会」の中井代表理事からご要望を受けていた脳脊髄液減少症の研究推進等を求める意見書が採択されました。ご要望を受けてから頑張って取り組んでいました。 以下意見書です。 脳脊髄液減少症の研究推進等を求める意見書 脳脊髄液減少症とは、交通事故、スポーツ障害、落下事故、暴力その他で、頭部や全身への強い衝撃によって、脳脊髄液が慢性的に漏れ続け、多様な症状が発現する病気と言われている。 この病気の症状は、頭痛、首や背中の痛み、腰痛、めまい、吐き気、視力低下、耳鳴り、思考力低下など様々な症状が複合的にあらわれ、これまでの医療現場においては、この原因が特定されない場合が多かったことから、患者は「怠け病」あるいは「精神的なもの」と判断され、肉体的・精神的苦痛はもとより、患者の家族等の苦労も、はかりしれないものがある。 最近、この疾病に対する検査法・治療法として、ブラッドパッチ療法の有用性も認められつつあり、長年苦しんできた患者にとっては、大きな光明となってきているが、治療法が確立したといえる状況にないことから、医療保険も適用されず、患者は大きな経済的負担を強いられている。 よって、国においては、以上の現状を踏まえ、次の事項について適切な措置を講じられるよう強く要望する。 記 脳脊髄液減少症の調査研究を積極的に推進し、診断・治療法を早期に確立すること。 脳脊髄液減少症の治療法の確立後、速やかに医療保険を適用すること。 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。 内閣総理大臣 厚生労働

シニアスクール卒業証書授与式に来賓出席しました!

平成17年度「子どもたちと共に学ぶ教室 シニアスクール(理事長 柴田 一先生)」の卒業証書授与式に来賓出席しました。 平成17年度卒業式は、清輝小学校体育館で9:30~多くの子どもたちの参加のもと挙行されました。当日は、天候も良く、例年のように多くのマスコミも取材に来る中、感動の卒業式となりました。 卒業するシニアの皆さんも、子どもたちもこの一年いろいろな思い出を作ることができたと思います。また、多くの来賓にもお越しいただきました。 シニアスクールの良さをもっと広めますます発展されることを願って止みません。

平成18年3月8日(水)10:30~個人質問を行います!

一般質問項目 増川 英一(公明党岡山県議団) 1 連結バランスシートについて 結果の分析等(総務)[総務部長] 今後の活用 (総務)[知事] 2 岡山県住宅供給公社について 販売集中期間の成果等 (土木)[土木部長] 統廃合の検討 (土木)[知事] 解散を前提とした転用等 企振協力(土木)[知事] 3 岡山県道路公社について (土木)[土木部長] 清算方法等 料金所の撤去等 4 道州制について (総務)[知事] 情報発信 中四国各県との連携 5 インド・マハーラーシュトラ州との友好交流について 経済交流(産労)[知事] 戦略等 経済交流のための広報等 現地窓口の設置 様々な分野での交流 (企振)[知事] プーネ岡山友好公園 (企振)[知事] 観光交流 (産労)[知事] 6 ユビキタス社会の推進について ユビキタス社会実現についての考え(企振)[知事] e-ナビ岡山推進事業 (産労)[知事] 7 建築物の耐震診断と改修について 学校の耐震診断と改修 (教育)[教育長] 民間建築物への耐震補助制度 (土木)[知事]

増川英一 オフィシャルサイト

© 2020

メール