2010.09.07議会 ますかわ英一 代表質問ダイジェスト

平成22年9月定例議会 増川英一 代表質問 「岡山県生物多様性地域戦略」策定へ 県議会で知事表明   希少種など保全を目指す 9月定例議会は、9月7日開会し会期を28日までの、22日間と決めた後、4億9800万円の本年度一般会計補正予算案11議案を一括上程し、9月10日は代表質問を続行。 増川英一(岡山市北区・加賀郡)が県政全般について質問した。 地域戦略策定を求める質問に対して、石井知事は希少生物の保全策の指針として、生物多様性基本法(2008年施行)で地方自治ごとの策定が努力義務とされている「生物多様性地域戦略」を定める考えを明らかにした。 □質問 希少野生動植物の保護についてアユモドキなど県内の希少生物意を守るため生物多様性地域戦略を定めてはどうか。伺う。 知事は「地域政略は県の生物多様制の現状、地域別の多様制の在り方、産業ごとの保全の取り組みを網羅するものであり策定に向けて準備したい」との意向を示した。 県は来年度にも策定作業に着手し、山間部、平野部、河川・湖沼などの地域別に取り組むべき施策を盛り込むべき施策を盛り込む考えを示した。 外郭団体の見直しについて 財政危機宣言を踏まえたうえた構造改革プランに関連し、外郭団体に愛する補助金の削減状況について伺う。 知事は、同プランに着手した09年度から本年度当初までの取り組みについて「団体数が10減、常勤職員数が171人減となり、委託料・補助金などは約8億5千万円減った。解散に伴う残余財産(の繰り入れ)などで県には約68億円の収入があった」としたが、3月末の住宅供給公社の解散は約54億円の債権放棄を伴ったことを説明した。 同プ

2010.09.10代表質問を行いました。質問項目です。

H22.9.10代表質問(50分間)を行いました。 以下が質問項目です。 答弁者は 知事、教育長、警察本部長 です。 1 行財政改革等について (1)歳入の確保 ア 税収の確保 イ 今後の取組 ウ ネーミングライツの拡充 (2)外郭団体の見直し (3)地方分権改革 ア 権限等の移譲等 イ 一括交付金 ウ 発展戦略 (4)総合特区制度 2 災害対策について (1)消防防災ヘリコプター (2)被災者支援 ア 復旧支援 イ 住宅応急対策 (3)防災情報メール配信 3 希少野生動植物の保護について 4 国民文化祭について 5 児童虐待について (1)体制の強化 (2)地域社会との連携 (3)電話番号の一本化等 6 子育て支援について (1)子育ち親育ち応援事業 (2)アンケート結果 (3)親業訓練 (4)学力向上 7 高齢者の所在不明問題について (1)体制構築 (2)安心電話等の創設 8 社会福祉法人等の指導監査について 9 改正臓器移植法施行に伴う取組について 10 がん対策について (1)子宮頸がんのワクチン接種等 (2)総合的な取組 11 経済・雇用対策について (1)新規学卒者の就職支援対策 (2)雇用創出関係基金事業 ア 効果等 イ 継続的な雇用等 (3)企業誘致 12 観光立県の推進について 13 口蹄疫問題について 14 水島港の機能強化について 15 瀬戸大橋等について (1)料金の引き下げ (2)宇高航路のフェリー事業者への支援 16 岡山・グリーンテラス郡の宅地販売について 17 教育行政について (1)インクルーシブ教育等 ア 所見等 イ 課題 (2)自閉症学級

増川英一 オフィシャルサイト

© 2020

メール