2013.02.08 伊原木知事にH25年度予算要望を行いました!

平成25年2月8日 平成25年度予算要望書 公明党岡山県議団 国においては、政権交代後初の通常国会が開催中。 東日本大震災と津波そして原発事故は今なお深刻な影響を各方面に及ぼしている。その様ななか、わが県においては、伊原木県政がスタートをきり、名実ともにメリハリのある予算編成が県民的課題としてのぞまれるところである。わが県議団としては、すべての県民という「生活者」に光をあてる力強く心優しい施策の展開を期しているところである。 以下新知事のご努力に敬意を表しつつ、新制度予算案の構成に際し要望をいたします。 《総務》 ○行財政改革の推進(歳入確保含) ○南海地震対策をはじめとする総合防災対策の推進、岡山県防災計画の見直し ○水島コンビナート防災対策の強化 ○災害支援ベンダーの導入促進 ○私立学校の支援 ①耐震改修の補助創設 ②私立高校生等就学支援(県補助額の拡充等) ○私立専門・専修学校の支援(設備整備費等の拡充) ○道州制(中四国州)実現へ一層の推進 ○中山間地域対策の強化 (集落機能の強化、高齢者支援の買物、通院など生活確保策等) ○市民(県民)・行政・企業のパートナーシップによる地域づくりを推進するグランドワークの手法の支援 ○ボランティア・NPO支援の推進(子育て、環境、介護、街づくりなど) ○防災センターの設置 東海、東南海、南海の3連動地震の発生の確率が高まっており、防災・減災対策および防災意識の啓発は県政の最重要課題でありが、その象徴としての防災センターの建設の取り組み。 《環文・保福》 ○文化・芸術振興の拡充 ①おかやま県民文化祭 (1)美作国建国1300年記念事業

増川英一 オフィシャルサイト

© 2020

メール