認知症高齢者グループホーム防火安全対策緊急申入れ

January 10, 2006

 
 
認知症高齢者グループホームの防火安全対策に係る緊急申し入れ

 

平成18年1月10日

 

岡山県知事 石井正弘 殿

 

公明党 岡山県議団

 

平成18年1月8日の未明、長崎県大村市の認知症高齢者グループホームにおいて火災事故が発生し、入所者から死者7名を出すという惨事がありました。原因については現在調査中ですが、今回の火災事故は介護保険制度が始まって以来の惨事と考えているところです。

我が県においてもグループホームが地域の要介護高齢者の受け皿として大きな役割を果たしていることから、県民の不安を払拭するため、早急に以下の取り組みを行っていただくよう要望します。

  1. グループホームの運営について、特に、夜間における避難対策、近隣住民、近隣施設、消防機関等との連携、協力体制などについて各施設の総点検を行い、有効な避難訓練や職員の教育を徹底すること。

  2. グループホームの施設や設備について、自動火災報知設備や消防機関へ通報する仕組みなどについて、点検の上、必要な対応を検討すること。

  3. 人員の配置について、特に夜間における火災事故の場合の避難介助体制などについて点検の上、夜間の宿直職員の雇い上げなどが可能となるような支援策の検討など必要な対応を進めること。

  4. 認知症高齢者グループホーム以外の小規模の入所施設についても同様の取り組みを行うこと。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ